blog

さくっとできるタスク整理法のご紹介(ファッションと関係無し)

投稿日:

こんにちは、ビズ服の中村です。

本日は仕事に関係する、タスク整理法についてご紹介したいと思います。

今日話したいこと

本日ご紹介する内容は、紙とペンを使った思考整理法となります。
元々は「ゼロ病思考」という本で紹介されていた内容をタスク整理に使っています。
基本的には頭のモヤモヤをスッキリさせる方法なので、別にタスク整理以外にも悩んでること全般(人間関係、将来について等)に利用可能です。

具体的には下記の内容に近いことをやる話になります。

仕事にもストレス解消にも使える1回1分メモ書き思考整理術

要は頭で考えているモヤモヤしたことを紙に書き出して見える化することで具体的なタスクに落とし込むということなんですが、なんでわざわざ紙とペン使うの?と疑問に思うと思います。
それは、頭の中だと精神的に負担になっているでかい悩み事が関係ないことを考えようとしても度々登場してきて邪魔しちゃうというのを防ぐためです。
一度悩み事を紙に書き出して、更に細かくその悩みについて書いて整理すると悩みからタスクに落ちて消化できるので、他の中くらいから小さいタスクを考える余裕が出来るということです。

必要なモノ

  • A4のコピー用紙
    • 書き出したら捨てて構わない、雑に扱える紙でしたらサイズは違っても構いません。元々何か文字や図が書かれてたりすると思考の邪魔になるのでまっさらなものがいいです
  • サラサラと書けるボールペン
    • 手を動かすより頭で考える方が圧倒的に早いので、出来るだけ考えるスピードに追いつけるようササッと書ける使いやすいボールペンがいいです。おすすめはエナージェルユーロの0.35mmです
  • まだ頭の中で整理されていないモヤモヤ
    • そもそも整理したいモヤモヤが無いと考える必要ないですよね
  • 数分の時間
    • ほんの少しだけ書く時間が必要ですが、そもそもタスク整理に時間かけたくないのでちょっとの時間で十分です

やること

  1. A4のコピー用紙を横置きにして、タイトルとして左上にこれから考えたいことを疑問形で書く(例:自分は今、何をしないといけないと考えている?
    1. タイトルは下線を引くとこの後書いていく箇条書きと違いが出ていいです
  2. 箇条書きでその疑問に対して頭で思ったことを箇条書きでどんどん書き出していく
    1. 箇条書きの頭は「・」にすると見えづらいので、「―」にしましょう
    2. 1分ほどで書ききるくらいのつもりで書きましょう
  3. 書き出したことでまだタスク(どう動けばいいか分かる粒度)にまで落ちてないものが出てきたら、新しい紙でその内容について書いていく
    1. 考えているモヤモヤを文字にしてどんどん噛み砕いていきましょう

ポイント

  • キレイに書くよりも、スピードを優先してメモとしてなぐり書きする
  • 漢字が思いつかなかったらカタカナで書く
  • 文章をまとめようとしない、頭で思ったことをそのままどんどん書き出す
  • 論理的に考えない、頭に浮かんだことが自分の中でその時一番負担に思っていることなので、それを書き出す
  • タイトルと違うことを考え始めたら、素直にその考えていることを書き出す
  • 人のことを気にせず自由に書くため、紙に書いた内容は人に絶対に見せない

見える化って大事

”百聞は一見にしかず”ということわざもありますが、本当に色々なことを目で見える形にするのは大事です。
言葉で説明しても人によって感じ方は違いますし、課題ややるべきこと、目標、手順などを何度も言葉で繰り返すよりもきちんとドキュメントとして残しておく方が後々の手戻りや勘違いトラブルの確率を下げられます。
(社会人あるあるですが、みんな独自の解釈しがちですよね・・・)

今回はタスク整理についてではありましたが、書き出すというちょっとした手間を惜しまないことが結構色々なことが進みやすくなるポイントになりますので、大事なことほど書き出す=見た人が同じ理解になるよう定義するようにしておきましょう。

-blog

Copyright © ビズ服, 2019~2020 All Rights Reserved