blog

服はこまめに洗濯しないでください。

投稿日:

こんにちは、ビズ服の中村です。
本日は服の洗濯頻度について書きたいと思います。

服って、どれくらいの頻度で洗濯またはクリーニングに出していますか?
下着やシャツ、靴下なんかは着るたびに洗濯、ジーンズ、ジャケット、ニットなんかは数回着たら洗濯って方が多いんじゃないでしょうか?

今回も先に答えから言うと、そんなに洗濯しなくていいです。

言い切ってしまいましたが、正確には「肌に直接触れないアイテム」、シャツやパンツ(ボトムス)、ジャケットに関して言うと洗濯頻度はもっと落としても大丈夫です。
「服が、めんどい――「いい服」「ダメな服」を1秒で決める」という本で洗濯頻度について言及されています。

シャツやニットなどのトップスは、「3〜4回」着たら洗濯するくらいで十分です。ボトムスも毎回洗濯するのではなく、汗をかく夏は「2〜3回」、春・秋・冬 は「5回」穿いたら洗濯するくらいの頻度でOKです。

引用元:大山 旬; 須田 浩介. 服が、めんどい――「いい服」「ダメな服」を1秒で決める

ジャケットについては更に選択頻度を落として構いません。

ジャケットやコートなどのアウターは、さらに洗濯頻度が少なくてかまいません。「1シーズンに1〜2回程度」で十分です。特にアウター類は洗濯すると、あっという間に風合いが損なわれてしまいます。日頃のケアとしては、「衣類用のブラシ」で軽くホコリとよごれを落とすくらいで十分です。 意外と洗濯をしすぎている人が多いので、少し減らすようにしてみてください。

引用元:大山 旬; 須田 浩介. 服が、めんどい――「いい服」「ダメな服」を1秒で決める

私も元々は結構な頻度で洗濯していましたが、きちんと服の特性を学ぶうちにそんなに洗濯しなくていいということが分かってきました。
何故かというと、服は着るだけでなく、洗濯するたびに痛むからです。

よくよく考えたら理解できると思うのですが、洗濯中は服の生地がこすられていくので、その分生地を痛めているんですね。
なので直接触れて汗を吸うような直接触れる服は皮脂汚れが付きやすいのでこれまで通り一度着たら洗濯するようにしたらいいですが、ビズ服で提供しているシャツ、パンツ、ジャケットに関して言えばあまり洗濯をしなくても問題ありません。
むしろ毎回洗濯すると服の寿命が縮んでしまいますので、多くの方に利用していただきたいビズ服側からすると、あまり洗濯してほしくないというのが本音です。
一ヶ月間の利用でしたら洗濯せずにビズ服に返却してください。
返却された服はビズ服で毎回クリーニングに出していますので、次にレンタルするときにはしっかりリセットされておりますのでご安心ください。

とは言えホコリ程度でしたらブラシで落とせますが、シャツやパンツについたシワについては気になると思います。
アイロンがけするのも面倒くさいですよね。
それについては、霧吹きを使うことで手軽にシワを取ることが出来ます。

以下の動画のシワの取り方が分かりやすいです。
動画内ではドライヤーを使って乾かしていますが、霧吹きで濡らした後に両手を使ってパンパンと叩いて放置しておくだけでも効果があります。

また、パンツに関してはハンガーへの掛け方もポイントです。
下記の動画でパンツがずり落ちないハンガーへの掛け方が紹介されています。

この掛け方は通気性も良く、パンツの自重によって膝のあたりのシワも伸ばす効果があります。
他の掛け方に比べてほんの少しだけ手間がかかるというデメリットもありますが、霧吹きで濡らして手で叩いてからこの掛け方をして一晩置いておけば、かなりシワが無くなります。

 

以上、洗濯やシワ取りについてでした。

~まとめ~

  • シャツ、パンツ、ジャケットはこまめに洗濯しない。一ヶ月間の利用程度なら全く洗濯しないでも大丈夫です
  • シャツやパンツのシワ取りは霧吹き&手でパンパンで対応出来ます
  • パンツをハンガーに掛ける時は少し工夫する

ちなみにビズ服のセットではハンガーも一緒にお送りしていますので、服はハンガーに掛けてご利用ください。

-blog

Copyright © ビズ服, 2019~2020 All Rights Reserved