blog

オシャレはバランスその2:色のバランス

投稿日:

こんにちは、ビズ服の中村です。
前回に引き続き、オシャレに見えるコーディネート例を説明したいと思います。

第二回は服の色についてです。

当たり前の話ではありますがそれぞれのアイテムには何かしら色が付いています。
今回の話は「アイテムの色はバランス良く選びましょう」という話になります。

色のバランスとは何かという話ですが、大きく2つあります。
1つ目は色の明暗で、2つ目は色の組み合わせです。

色の明暗について

色の明暗についてはとても分かりやすいです。
暗い色ばかりや明るい色ばかりを着ないようにしましょう。

結構やってしまいがちな話ですが、無難なアイテムを選んでいたら全身暗い色になっていた ということはないでしょうか?

これ、気をつけてください。

パンツを黒やネイビー、ブラウンと暗めの色にしたら上のシャツあるいはジャケットは明るい色を取り入れてください。
全身暗いと雰囲気が重くなってしまいますので、どこかに明るい色を入れるようにしましょう。

色の組み合わせについて

色には有彩色と無彩色の二種類があります。
ブラックやグレー、ホワイトが無彩色で、赤・青・緑・黄なんかは有彩色です。

コーディネートを考える時はこの有彩色と無彩色のバランスが重要となってきます。
具体的には、全体を無彩色を1色以上入れた3色でまとめるとバランスが良くなります。

例えばホワイト・ブラック・ブルーの組み合わせだったり、ホワイト・グレー・オレンジの組合わせですね。
また、有彩色を2色入れる場合は色の関係を意識しましょう。

色について少し詳しい方だと知っているんですが、有彩色には補色(反対色)が決まっています。
例えば赤には緑、青には黄色が補色です。

下記の円(色相環)が分かりやすいんですが、反対側の色がそれぞれ補色関係になっています。

引用元:色相環│色彩学講座

補色はそれぞれと全然違う色になりますので、補色同士を隣り合わせにすると、とても目立つ(メリハリが効く)ようになります。
逆に似たような色が隣同士にあると馴染む(メリハリが効かない)ようになります。
(ブラックやグレー、ホワイトは無彩色というこの円とは別の関係になります)

コーディネートについてはメリハリが効くよう、補色関係をうまく使っていきましょう。
ただ、そう言われても「どうしたらええねん」となりますよね。

幸い、メンズファッションには定番の色があります。
それが次の6色です。

ブラック ホワイト グレー ベージュ カーキ ネイビー

何故これが定番の色かは私には分かりませんが、とにかく合わせやすい色としてこれらの色があります。
ベージュとネイビーは色相環だと補色関係になり、カーキはベージュに近い色ですね。
(ベージュとカーキはは色相的には近いですが、濃さ(トーン)が違います)
この6色を使うと取り入れるようにするとかなりまとまりが良くなります。

気をつけていただきたいのは、この定番色を使っていても、同じ色をあまり使うとメリハリが効かなくなるので注意してください。

そのあたりのコーディネートの例については以下のサイトが分かりやすいです。
良い組み合わせの例とあまり良くない組み合わせの例が載っています。

【Lesson2】基本の色と組み合わせ | メンズファッション通販メンズスタイル

 

色はあまりごちゃごちゃさせると何がポイントなのか分からなくなる為、ポイントとなる色を持ったアイテムを決めた後にそれを目立たせるように他の色のアイテムを選ぶようにすると安定したコーディネートになります というお話でした。

-blog

Copyright © ビズ服, 2019~2020 All Rights Reserved